乗船にかかる費用とは

ドライブで移動する途中でカーフェリーを利用する場合の運賃体系についてですが、大抵どの船会社でも自動車の運搬費と旅客としての乗船券(切符)に分かれています。自動車については車長ごとに細かく値段が区分されていて、車長が3m未満から1m増えるごとに運賃が上がるので乗船券を購入する際に車検証の提示が求められます。自動車の運搬費用には運転者1名分の運賃も含まれています。このため他の同乗者については別に旅客運賃を支払う必要があります。長距離フェリーで船室の等級が別れているような船であれば最も安いクラスの船室(例えば二等船室)についてのみ運転者が追加料金不要で利用できることになっており、他のクラスの船室や寝台を利用する場合には最下等のクラスとの差額を支払うことになります。運転者以外の同乗者については旅客としての乗船券を購入する必要があります。ペットを同伴している場合には小荷物としての運賃が必要になりますが、ケージの大きさまたは重量によって料金が区分されています。自転車やバイクなどの2輪車両については車両の大きさごとに特殊手荷物として運賃が計算され、運転者の切符は車両の運搬費用に含まれて居ないので別に購入しなければなりません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿