擦ってしまったバンパーの補修方法編

バンパーはボディを守るためのものであり、多少ぶつけて傷が入っても良いものなのですが、ボディ同色の場合、バンパーを擦ると塗装が剥げてしまい、中の黒い素材がむき出しになって見栄えが悪くなります。

バンパーを擦ってしまった場合の修理方法は、まず削れてめくれ上がったバンパーをヤスリで研磨することから始めます。紙ヤスリで目の粗いものからはじめ、少しずつ目の細かいものに変えていきます。表面が平になってきたら、塗装に移行しますが、段差ができてしまっているので、プラサスで段差を埋めます。バンパー専用のプラサスが販売されているので何回かに分けて吹き付けていきます。周りよりも少し盛り上がるようにプラサスを吹きかけるのがコツです。

次に、盛り上がったプラサスをヤスリで削り、平らにしていきます。最後はコンパウンド剤で研磨すると、ツルツルになり、下地作りが完成します。この下地作りをしっかり作っておかないと、きれいな修復をすることができませんし、その部分に触ると塗料が剥げやすくなります。面倒でもしっかり下地を作ることは大切で、仕上がり具合を大きく左右することになります。この後はカラー塗料を塗っていきます。遠くから数回に分けて、徐々に吹き付けていくときれいに仕上がります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿