自分の前後の車にも注意を払おう

車線を変更する場合は注意しなければいけないポイントがいくつかあります。まず前後を確実に確認することです。前を注意するポイントは前方の動きです。変更しようとするような動きをしていないかなどを十分に確認して早めにウインカーを出すことが大事です。またいきなり変更されても対処出来るように少し間隔をあけるように減速して、十分に間隔をあけてから変えて行くことが重要です。後ろにいる場合は前よりも注意しにくいというデメリットがあります。ここで大事なことはきちんと意思表示を行うことです。ウインカーで変更の意思表示をした後に後ろの状況を確認しながら加速気味に速やかに変更することが大事です。詰まっていてなかなか変更が出来ない場合は、間に入れてくれるまで待つのもいい方法です。右折レーンにいかなければいけない場合は早めに意思表示をしてギリギリで変えなくてはいけない状況にならないようにすることが大事です。またルームミラーやバックミラーでの確認をしっかりすることが大事です。ミラーだけだと死角になる部分もあるので、変更する直前にはきちんと前後を目視して安全を確認することが大事です。確認できたら速やかに横にスライドする感じで変更すると上手くいきます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿