移っていく車線を走行する車の速度に合わせよう

年末年始や長期休暇の道路などは特に安全運転で、十分注意をしてドライブをしたいものですが、ただゆっくり走ることだけが安全運転というわけではありません。
大きな交差点の右折左折時や高速道路などの合流時、さらには車線変更の時などは周りに合わせてある程度のスピードを出す必要もあり、あまりにも遅い速度での合流や車線変更は周囲に対しても非常に危険な行為となります。
特に日常的に運転をしていると車線変更の場面にはいくらでも遭遇しますが、しっかりとウインカーを出して前後の安全を十分に確認をして、移っていく車線を走行する車の速度にしっかりとスピードを合わせることが大切です。
運転に慣れていない人や運転が苦手な人にありがちですが、恐る恐るの運転になって緩やかなスピードで進路変更をしてしまうと、後続に追突される危険もあり、進路変更のタイミングを逸してしまったりと、周囲にも非常に迷惑が掛かってしまいます。
安全運転であることは第一条件になりますが、周りを走行しているスピードやタイミングを上手く見計らって速度を調整するように心がけましょう。
もちろん法定速度は守った上で、流れているリズムを崩さないように迅速かつスムーズに車線変更をすることが大切になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿