タイヤの正しい交換方法とは

走行中にタイヤに異変が起こった場合、交換作業が必要になることがありますが、いざという時の為にも交換方法をマスターしておくことが大切です。
交換作業をする際のポイントがありますが、必ず安全な環境且つ平坦な場所で作業をするようにしましょう。車の通りが激しい路肩だったり、斜めになっている場所は非常に危険です。もし場所の確保ができない時には無理に自分で作業をせず、救援サービスに依頼した方が良いと言えます。
作業をする際の流れですが、車が動いてしまわないように、交換するところの対角線上のタイヤに輪留めをします。
そしてジャッキアップする前にナットを緩め、ある程度緩めたらナットを装着した状態のままでジャッキアップをします。ジャッキを設置する際に傾いていると危険ですので、真っ直ぐになっていることをよく確認しましょう。
タイヤの交換をしたらナットを緩めに締めてジャッキから下げます。ジャッキから下げたらナットの本締めをしていきますが、その際には対角線上に締めていきましょう。
しっかりとナットを締めたのを確認できたら作業は完了です。そしてスペアタイヤの場合は長距離走ることはできませんので、長く走行したりせず、早めにガソリンスタンドやカーショップへ行きタイヤを新しい物に交換することが大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿