修理の際の車両保険について

自動車の保険には、強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
 自賠責保険は、主に交通事故の被害者に対して、法律上の最低限の補償を目的としており、事故の状態や運転者の責任次第ではそれだけでは十分ではありません。
 また運転者自身や車の補償には自動車保険の加入が必要です。
 
 車の損害に対する補償をするのは車両保険ですが、車の事故や接触など、保険を使う機会が多いだけに、補償を付けておこうとすると、保険料の大きな部分を占めることになります。
 保険料が高額になる場合、面積といって、保険を使う場合の自己負担金額も決めておくと節約することができます。

 車の修理のために保険を使う場合、もともとそのために払っている保険料ですが、一度使うと翌年以降割引等級が下がり、保険料が上がってしまうので注意が必要です。
 修理の際に保険を使って修理代5万円を払ってもらっても、翌年からの保険料がそれ以上に上がってしまっては意味がありません。
 ある程度以上の修理金額にならない場合、保険は使わずに自費負担で直した方が結果として得な場合もあります。
 重大事故で修理代が高額なときの備えとして車両の保険は必要ですが、実際に保険を使って修理するかは、見積りを見てから決めるのがおすすめです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿