走行中の異音防止でできること

自動車の走行中に時として異音が発生してしまうことがあります。この現象に関してはいくつもの原因を挙げることができますが、音の状態によって対処方法が大きく変わります。特に問題の発生していない自動車で異音防止につながる対策としては、タイヤ周りを常にチェックする方法が基本です。タイヤには溝が設けられており、小石や金属片などが挟まってしまっている状態で走行させた場合では、タイヤの動きに連動して異音が発生することがあります。特に釘などが刺さっている状態であれば、パンクを起こしてしまう可能性が高くなるので、音に異変を感じた場合では随時点検を行うことが大切です。走行中に発生する異音の中にはエンジンルームから聞こえる場合があります。エンジンルーム内のトラブルに関しては、エンジン本体が損傷している場合や、各種ベルト類が劣化している場合もあり、できるだけ早急に修理を依頼することが大切になります。マフラーなどからでも異音が出てしまうこともあり得ます。このケースではマフラーが腐食してしまうことで穴が開いてしまうことが多く、大きな音が発生してしまうことがあります。対策としては自動車は定期点検を行って、常に快適に運転できるように施すことが必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿