知っておきたい!日常での運転の要チェックポイント

日常での運転チェックポイントは必ず守ることが大切です。行うポイントはエンジンルームを見て確認する部分と外観による確認になります。また運転席に座って確認する部分もあります。エンジンルームの中は頻繁に行う必要はありませんが、定期的に決めてエンジンオイルやバッテリー液やブレーキ液や冷却水などの確認をする必要があります。外観からのチェックはタイヤに関する問題やウインカーやヘッドライトなどをしっかり確認する必要があります。タイヤは溝の深さやひび割れや空気圧など、チェックする項目は多くなります。運転席での確認はブレーキペダルの状態はどうかや、パーキングブレーキの状態などを確認します。エンジンのかかり具合も重要な点検要素です。ワイパーなどの調子もしっかり確認しておくといいです。また実際にゆっくり走って見て加速や制動力に関してチェックしましょう。こういった点検は大変なように感じますが、実際はそんなにかかりません。走る前に必ず確認して少しでも異常があるようだったら修理や新しいものに交換することが大事になってきます。また運転においても慣れている道は 注意力が低下している場合があります。一時停止などルールを守ることが大事です。student02_l

コメントは受け付けていません。

最近の投稿