日本語翻訳文の申し込み方法

外免切替を行うには申請書類の一つとして、外国の免許証の日本語翻訳文を用意しなければなりませんが、この書類の発行はJAFでも受け付けています。
JAFから日本語翻訳文を取り寄せる場合は、翻訳文発行申請書、翻訳して欲しい外国免許証の原本、発行手数料を用意し、全国各地のJAFの支部に設けられている国際業務取扱窓口に直接行って提出します。また、支部によっては郵送でも手続きが可能となっており、この方法を利用する場合は、申請書に免許証の表裏両面のコピーと、発行手数料および返送料を同封し、現金書留で送付します。発行手数料は1通3,000円で、郵送の場合の返送料は1通392円となっています。
翻訳文発行の申し込みから申請者の手元に届くまでの期間は、免許証の発行国や内容、提出した支部の場所などによって異なっており、翻訳しやすい内容であれば申し込みを行ったその日のうちに書類ができあがりますが、翻訳に時間がかかる内容だと2~3週間程度かかることもあります。もし、近い将来に何らかの予定があり、そのときに免許証が必要となるのであれば、早めに申請手続きを行いましょう。
なお、免許証の内容によってはJAFで発行してくれない場合があるので注意が必要です。もし、JAFで受付してくれなかった場合は、免許証の交付を受けた国の行政庁や領事機関、大使館に翻訳文の作成を求める必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿