いたずらで引っかき傷を付けられた場合について

車のキズはまるで心のキズのように、痛いものです。
そのような、車の引っかき傷はタッチペンを使い簡単に直すことができます。
車の塗装面は、表面のクリアー層とその下にある塗装(色の付いた塗料)、さらに下に下地塗装面があります。
表面のクリアー層だけのキズだと、クリアースプレーなどで対応可能です。
しかし、キズが塗装面までいっていまうとクリアースプレーでは修復不可能です。
その場合は、キズの部分を丁寧にサンドペーパーで削っていきます。
キズに沿って削ります。キズ以外の部分を削ると作業性が悪くなり仕上がりも悪くなります。
極力最小面積で削ります。そして、キズの部分が綺麗に削れたら、いよいよ塗装になります。
その前に重要なことがあります、塗装の前には必ずアルコールなどで脱脂をすることです。
これから塗装する面に、油分があると塗料が弾いてしまい仕上がりが悪くなります。
塗装で注意することは、塗料を付けすぎないことです。後からの仕上げ作業に時間がかかります。
キズのついた部分に薄く塗っていきます。
十分に乾燥させた後は、わずかに盛り上がった塗料をサンドペーパーで削ります。
上手に塗装できた場合や、面倒な人はこの作業は不要になることもあります。
最後にコンパウンドで仕上げをします。
また、塗装後にクリアースプレーでスプレーした後にコンパウンドで仕上げを行うとさらにきれいに仕上がります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿