一般道路でアウト・イン・アウトは必要ない理由

サーキット等を走行する場合、タイムを縮めるのに有効な運転方法として、アウト・イン・アウトという走行方法があります。コーナーを速いスピードで通過する為に、できるだけ曲がることを少なくし、直線的な走行ラインを取ることが必要となるので、この方法は有効と成ります。これらの理論を基に、一般道路でも同じような走り方をすれば速く走ることができると考える人もいる様ですが、実は一般道路では、アウト・イン・アウトは必要がないのです。ここではその理由について説明します。
まず、サーキットと一般道路の違いについて説明します。サーキットはできる限り速く走ることが求められるのと共に、自分以外のマシンの追い越しが可能な設計となっていて、道路幅も広く設計されています。その中をどんな走行ラインを取って走ってもよいことになっているので、アウト・イン・アウトが有効になります。これに対して、一般道路は、交通秩序を守って安全に走行する為に設計されており、車線のはみ出し等は交通違反となることもあります。その為、走行できるラインは限られており、その中でアウト・イン・アウトで走行したとしても、短縮できる時間はほとんどないということになります。
道路の幅によって、有効な運転方法は変わることを覚えておくとよいのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿