表面が削れただけの傷には塗料が必要になるので要注意!

車は人と荷物を乗せて、外を走る道具ですが、交通事故でなくても時には小さな傷がついてしまうことがあります。
道を走っているときでなく、車を止めようとしているときなら、接触しても小さな傷で済むし、一方、車を動かしていない時に、横を通る自転車や、スーパーの駐車場で買い物カートにこすられてしまうなど、知らないうちに傷がついてしまっていることもあります。

 傷くらいなら走行には支障がないし、板金修理なら10万円を超えることも少なくないほか、整備業者に依頼すると簡易補修でも数万円かかってしまいます。
 たとえば、同じ5センチのこすり傷でも前のドアだけの場合と、前のドアと後ろのドアをまたいでいる場合は修理代は大きく変わります。
 走っていればいつかはまた傷がつくかもしれないし、今回は修理を見送るという場合、表面が削れている場合はタッチアップペンで簡易補修をしておきましょう。
 ボディの塗装は外見を飾るだけでなく、さび止めなど、車自体を守る働きをしています。削れた箇所をむき出しにしていると腐食の原因になってしまうことがあります。
 カラーナンバーを確認すると、自分の車と同じ色のタッチアップペンが購入できます。メーカー純正と、カー用品メーカーのものがありますが、いずれの場合も数百円です。
 カー用品メーカーのものならカーショップで簡単に入手できるのが魅力ですが、カラーがない場合はメーカーに注文しましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿