業者に修理依頼する場合

車の修理を依頼するとき、ディーラーのほかにも、街の板金業者や、街道沿いのコンビニにような、親しみやすく入りやすい間口を持ったお店など様々な選択肢があります。

 ドコモ、車の整備は国家資格ですが、ディーラーで作業すると割高な印象があります。
 実際、ディーラーに依頼したものを、部品の補修は自社工場内で行うため、大きな値段の差はありませんが、板金はディーラーから板金屋さんに依頼するため、直接注文より割高になります。
 外注で作業するのに、ディーラーで割高になるのは、ディーラーの基準を満たした安心できる工場を利用し、完成にはディーラーが責任を負います。不具合があった場合は、お客さんに対する責任はディーラーが負い、工場の責任を追及するのはディーラーの仕事で、お客さんから工場に直接交渉をする必要はありません。

 それでも、預けていて手元を離れている間に、愛車に傷がついたり、それまで問題がなかった場所に故障が起きると、作業を依頼する以前からの傷や不具合かが問題になります。
 預けている間に傷や不具合が起きてしまったなら、業者に補償を求めるので、預ける前には、傷がなかったことや不具合がないことを確認しておきましょう。外装については写真を撮っておくと有効です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿