外免切替の必須条件

外国に住んでいる人がその国で取得した免許証は、日本に帰国した後各都道府県の運転免許試験場にて日本の免許証に切り替えることが出来ます。この手続きを「外免切替」と言います。外免切替を行うためには、以下の2つの条件を満たしている必要があります。「外国免許証が有効期限内であること」、そして「外国免許証を取得した日から通算して3ヶ月以上その国に滞在したことが証明出来ること」です。この2つの条件を満たしていれば、日本に戻ってきた後に外免切替を行うことが出来ます。外免切替の手順は都道府県によって異なるものの、一般的には申請書類を提出した後、適性試験を受け、基本的な交通規則の確認、そして実際にコースを走行して技能の確認、そして日本の免許証発行という流れです。なお、申請には手数料がかかり、車種別に手数料の額が異なります。また、申請の際は外国免許証を日本語に翻訳する必要があります。自分自身で翻訳したものではなく、大使館または日本自動車連盟が翻訳したものを提出しなければなりません。また、外国免許証に「初回免許取得日」が記載されていない場合は、初回免許取得日を証明する書類が別途必要です。手続きの際は、これらの点もよく確認しておきましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿