外免切替で気をつけたいこと

外免切替とは、外国で運転免許を取得済みの人が、日本国内で使用できる免許証に書き換えることです。自動車教習所に通って新たに免許証を取得する場合、約30万円程度は必要となるため非常にお得な制度と言えますが、切替にあたっては事前に確認すべき注意点もあります。
取得条件は、18歳以上であること、所持している外国免許が有効期限内であること、免許を取得した国で3ヶ月以上滞在したことを証明できること、日本国内の道路交通法を理解していることの4点です。取得国での滞在期間の証明にはパスポートを使用するため、更新等により複数所持している場合は、古いものも含めて免許取得以降の全てのパスポートが必要となります。滞在期間は3ヶ月以上連続してではなく、通算で超えていれば問題ありません。
パスポート以外の必要書類として、外国免許証及び外国免許証の日本語翻訳文が必要とされます。日本語翻訳文は、日本自動車連盟かもしくは当該国の大使館で作成されたものに限り有効となっています。
申請費用として、申請手数料と免許交付手数料が必要とされ、技能試験に落ちた場合には都度手数料が必要になります。
このほか外国免許証の日本語翻訳文作成手数料や、万全を期して事前に教習所等で講習を受講する場合には、教習所の講習料金が必要になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿