カーブの手前で減速が基本

教習所でも習うことですが、カーブを走行する時は事前に十分減速するのが基本です。特に左曲がりのカーブは見通しの悪い場合が多く、障害物が迫っていてもギリギリまで確認できないため、すぐに停止できるようなスピードまで落としてから走行するのが原則です。
同時に、視点を進行方向に持っていくことも重要です。初心者の多くは、曲がっている最中も車と同じ方向を向きがちですが、進行方向を見据えるよう十分に首を曲げつつ走行するようにします。
スピードを保ったままカーブへ進入した場合、曲がりきれずに中央線をはみ出してしまう可能性があります。狭い道路でトラックとすれ違わないとも限らないため、完全に曲がりきれるスピードまで減速するようにします。
また、カーブへ進入した後にブレーキペダルを踏むのは、ハンドルを切っている状態でブレーキを掛けることになるため、遠心力がタイヤのグリップ力を上回った時点でタイヤがロックし、スリップしてしまいます。スリップ状態ではハンドル操作が効かないため、結果的に交通事故へと繋がる可能性が高まります。
特に雪道や路面が凍結している道路では、タイヤのグリップ力が大幅に低下しているため、さほどスピードが出ていなくても、カーブ中のブレーキ操作はスリップ事故を起こしやすいため、細心の注意が必要となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿