カーブの走り方ポイント

カーブには大きく、左側と右側向、緩やかと急な所や道路の幅が狭い、広い所があります。前輪と後輪との間隔が短い軽トラック、長いバスや大型トラックがあります。回転する時には前輪の回転半径に対して後輪の回転半径は小さくなる内輪差が生じます。バスやトラックはこの内輪差は大きく、又、回転半径が小さいと内輪差は大きくなります。この事を踏まえてカーブの走り方のポイントは次の様になります。道路幅が狭く左側向急カーブの時は、内側に寄り過ぎると内輪差が大きいので、後輪が側溝に脱輪したり後部が物に当ったりします。外側に寄り過ぎると右前方が対向車と衝突する危険があります。次に道路幅が狭く右側に向って急カーブの時は、内側に寄り過ぎると後輪がセンターラインをはみ出していますので衝突する危険があります。ヒヤッとする一瞬です。外側に寄り過ぎると物に当ったりします。物が人間ですと怪我をさせてしまいますので大変な事になります。道路幅が広くても内側や外側に寄り過ぎると同様の事が生じますので注意します。カーブが緩やかでも内輪差は生じていますので注意します。走り方はスピードは落してドアミラー等で後方と前方を確認しながら走行します。道路に対して自分がどの位置にいるかを感覚として把握出来る様にする事も大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿