‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

自分の前後の車にも注意を払おう

2016/05/16

車線を変更する場合は注意しなければいけないポイントがいくつかあります。まず前後を確実に確認することです。前を注意するポイントは前方の動きです。変更しようとするような動きをしていないかなどを十分に確認して早めにウインカーを出すことが大事です。またいきなり変更されても対処出来るように少し間隔をあけるように減速して、十分に間隔をあけてから変えて行くことが重要です。後ろにいる場合は前よりも注意しにくいというデメリットがあります。ここで大事なことはきちんと意思表示を行うことです。ウインカーで変更の意思表示をした後に後ろの状況を確認しながら加速気味に速やかに変更することが大事です。詰まっていてなかなか変更が出来ない場合は、間に入れてくれるまで待つのもいい方法です。右折レーンにいかなければいけない場合は早めに意思表示をしてギリギリで変えなくてはいけない状況にならないようにすることが大事です。またルームミラーやバックミラーでの確認をしっかりすることが大事です。ミラーだけだと死角になる部分もあるので、変更する直前にはきちんと前後を目視して安全を確認することが大事です。確認できたら速やかに横にスライドする感じで変更すると上手くいきます。

相手に車線変更の意思を確実に伝えよう

2016/05/16

ウインカーを上げることは、周囲に対する明確な意思表示になりますが、周囲に伝わっていなければ意味がありません。このため、一連の動作をテンポ良く一気に行うのでは無く、余裕を持って実行することがポイントになります。
基本的な順序としては、ルームミラーで後方の安全確認を行った後、移動したい方向のウインカーを上げます。この時、すぐに次の動作に移るのではなく、間を置くことで周囲が自分の意思表示を確認する時間を作ることができます。ワンテンポ置いた後、サイドミラーと目視によって右斜め後方の安全を確認し、一旦進行方向を向きます。その後、ゆっくりとハンドルを切り、徐々に隣のレーンへと移動します。一旦進行方向を向き直すのは、安全確認をした後に前方の状況が変わっている可能性があるためで、安全確認と同時にハンドルを切る癖がある場合は、安全運転のためにも修正した方が無難です。
注意すべきは、ウインカーを上げているにも関わらず、スピードを上げて接近してくる車がいる時で、意思表示が伝わっていないか、あるいは進路変更をさせる気が無いと捉える必要があります。この場合は安全を第一に考え、やり過ごしてから進路変更をするか、または一旦ウインカーを戻し、頃合いを見計らってから行うようにします。

移っていく車線を走行する車の速度に合わせよう

2016/05/16

年末年始や長期休暇の道路などは特に安全運転で、十分注意をしてドライブをしたいものですが、ただゆっくり走ることだけが安全運転というわけではありません。
大きな交差点の右折左折時や高速道路などの合流時、さらには車線変更の時などは周りに合わせてある程度のスピードを出す必要もあり、あまりにも遅い速度での合流や車線変更は周囲に対しても非常に危険な行為となります。
特に日常的に運転をしていると車線変更の場面にはいくらでも遭遇しますが、しっかりとウインカーを出して前後の安全を十分に確認をして、移っていく車線を走行する車の速度にしっかりとスピードを合わせることが大切です。
運転に慣れていない人や運転が苦手な人にありがちですが、恐る恐るの運転になって緩やかなスピードで進路変更をしてしまうと、後続に追突される危険もあり、進路変更のタイミングを逸してしまったりと、周囲にも非常に迷惑が掛かってしまいます。
安全運転であることは第一条件になりますが、周りを走行しているスピードやタイミングを上手く見計らって速度を調整するように心がけましょう。
もちろん法定速度は守った上で、流れているリズムを崩さないように迅速かつスムーズに車線変更をすることが大切になります。

車線変更の方法

2016/05/16

運転免許を取得してから時間が経過するほど、路上での運転に慣れてしまい、正しい車線変更の方法を忘れがちです。
教習所で習得した方法こそが正しいやり方なので、交通事故を起こさないよう安全運転を心掛けるためにも、学科の教科書を定期的に見直すことも効果的です。
車線変更は周囲に注意を払い安全に終える必要があるため、車線変更が禁止されていないかどうかを確認するほか、開始前に目視とミラーで周囲の交通状況を見極め、安全と判断できた場合に限り動作に移ります。
車線変更の基本は、ルームミラー、合図、目視、操作の4つがキーポイントとなります。最初にルームミラーで後方を確認し、加速して接近している車がいないことを確認します。続いて車線変更をする方向のウインカーを上げ、一呼吸置いてから目視で斜め後方を確認、安全が確認できた時点で進行方向を向き、ハンドルをゆっくりと切り、速度に気をつけて徐々に隣のレーンへと移動します。
ウインカーを上げてから一呼吸置くのは、道路交通法により概ね3秒前までに合図を出すことが規定されているためで、後方に対する意思表示に余裕を持たせる意味もあります。
このほか、斜め後方の目視とハンドル操作が一緒にならないよう、ハンドルを操作する前に一旦進行方向を向き直すよう癖をつけることも重要です。

内側寄りすぎ走行がNGな理由

2016/05/16

左にカーブする道路を走行する場合に内側に寄りすぎると危険です。その理由は、走行する時に左側の前輪と後輪では内輪差が生じます。カーブのある地点では道路は円弧となっていて、緩やかな所は円弧の半径が大きく、急な所の半径は小さくなっています。これを曲率半径と言っています。向きが変わる前輪が描く半径はカーブに沿って回転していますが、後輪の向きは変わらないので滑った様な感じで回転し前輪について行く為に前輪よりも小さい半径になります。その半径の違いが内輪差として表れます。この内輪差の大きさは曲率半径が小さいと大きく、曲率半径が大きいと小さく、前輪と後輪との間隔が小さいと小さく、大きいと大きく表れます。以上の様に道路と車には内輪差が生じる関係があります。ちなみに外側は外輪差と言います。カーブの道路に側溝があり内側に寄りすぎて走行すると、内輪差の為に左側後輪が脱輪して側溝に落ちます。側溝に蓋があり対向側で走行している時にガタガタガタと音が聞こえてきます。蓋に後輪が乗って脱輪している状態になっています。又、カーブの側溝の上や道路端に落石があると後輪が乗ってしまったり、歩行者がいて内側に寄りすぎると後部とで接触する可能性があります。

一般道路でアウト・イン・アウトは必要ない理由

2016/05/16

サーキット等を走行する場合、タイムを縮めるのに有効な運転方法として、アウト・イン・アウトという走行方法があります。コーナーを速いスピードで通過する為に、できるだけ曲がることを少なくし、直線的な走行ラインを取ることが必要となるので、この方法は有効と成ります。これらの理論を基に、一般道路でも同じような走り方をすれば速く走ることができると考える人もいる様ですが、実は一般道路では、アウト・イン・アウトは必要がないのです。ここではその理由について説明します。
まず、サーキットと一般道路の違いについて説明します。サーキットはできる限り速く走ることが求められるのと共に、自分以外のマシンの追い越しが可能な設計となっていて、道路幅も広く設計されています。その中をどんな走行ラインを取って走ってもよいことになっているので、アウト・イン・アウトが有効になります。これに対して、一般道路は、交通秩序を守って安全に走行する為に設計されており、車線のはみ出し等は交通違反となることもあります。その為、走行できるラインは限られており、その中でアウト・イン・アウトで走行したとしても、短縮できる時間はほとんどないということになります。
道路の幅によって、有効な運転方法は変わることを覚えておくとよいのではないでしょうか。

見通しの悪いカーブはどうする?

2016/05/16

遠くまで見渡せる直線道路とは違い、カーブでは視界が遮られることが多く、交通事故も起きやすくなります。カーブで発生する事故の多くは、正面衝突や障害物との激突、追突やすれ違い時の接触事故です。特に見通しの悪いカーブでは事故の発生率も高くなるため、注意して走行する必要があります。
見通しの悪い場所では、前方の安全を確認するのが遅れてしまいがちです。スピードを出し過ぎると左曲折では曲がりきれず、右曲折では対抗レーンが空いていると幅員が広いという錯覚を起こしやすく、無理な追い越しを実行しがちです。このため、センターラインをはみ出すこととなり、正面衝突が発生しやすくなります。また、経がキツい場所では遠心力が大きくなるため、スピードを落としているにも関わらず、予想外に外に振られやすくなります。
走行量が多い場合は、前方の車を漫然と追従しがちですが、カーブではいつ危険が迫るとも限らないため、追従するのが良いとは言いきれません。
曲がった先が工事中だったり、障害物が出現する可能性もあるため、見通しの悪いカーブを通過する時は、直前までに十分減速してから進入し、危険を早期発見できるよう常に集中して運転することが望まれます。

カーブの手前で減速が基本

2016/05/16

教習所でも習うことですが、カーブを走行する時は事前に十分減速するのが基本です。特に左曲がりのカーブは見通しの悪い場合が多く、障害物が迫っていてもギリギリまで確認できないため、すぐに停止できるようなスピードまで落としてから走行するのが原則です。
同時に、視点を進行方向に持っていくことも重要です。初心者の多くは、曲がっている最中も車と同じ方向を向きがちですが、進行方向を見据えるよう十分に首を曲げつつ走行するようにします。
スピードを保ったままカーブへ進入した場合、曲がりきれずに中央線をはみ出してしまう可能性があります。狭い道路でトラックとすれ違わないとも限らないため、完全に曲がりきれるスピードまで減速するようにします。
また、カーブへ進入した後にブレーキペダルを踏むのは、ハンドルを切っている状態でブレーキを掛けることになるため、遠心力がタイヤのグリップ力を上回った時点でタイヤがロックし、スリップしてしまいます。スリップ状態ではハンドル操作が効かないため、結果的に交通事故へと繋がる可能性が高まります。
特に雪道や路面が凍結している道路では、タイヤのグリップ力が大幅に低下しているため、さほどスピードが出ていなくても、カーブ中のブレーキ操作はスリップ事故を起こしやすいため、細心の注意が必要となります。

カーブの走り方ポイント

2016/05/16

カーブには大きく、左側と右側向、緩やかと急な所や道路の幅が狭い、広い所があります。前輪と後輪との間隔が短い軽トラック、長いバスや大型トラックがあります。回転する時には前輪の回転半径に対して後輪の回転半径は小さくなる内輪差が生じます。バスやトラックはこの内輪差は大きく、又、回転半径が小さいと内輪差は大きくなります。この事を踏まえてカーブの走り方のポイントは次の様になります。道路幅が狭く左側向急カーブの時は、内側に寄り過ぎると内輪差が大きいので、後輪が側溝に脱輪したり後部が物に当ったりします。外側に寄り過ぎると右前方が対向車と衝突する危険があります。次に道路幅が狭く右側に向って急カーブの時は、内側に寄り過ぎると後輪がセンターラインをはみ出していますので衝突する危険があります。ヒヤッとする一瞬です。外側に寄り過ぎると物に当ったりします。物が人間ですと怪我をさせてしまいますので大変な事になります。道路幅が広くても内側や外側に寄り過ぎると同様の事が生じますので注意します。カーブが緩やかでも内輪差は生じていますので注意します。走り方はスピードは落してドアミラー等で後方と前方を確認しながら走行します。道路に対して自分がどの位置にいるかを感覚として把握出来る様にする事も大切です。

知っておきたい!日常での運転の要チェックポイント

2016/05/16

日常での運転チェックポイントは必ず守ることが大切です。行うポイントはエンジンルームを見て確認する部分と外観による確認になります。また運転席に座って確認する部分もあります。エンジンルームの中は頻繁に行う必要はありませんが、定期的に決めてエンジンオイルやバッテリー液やブレーキ液や冷却水などの確認をする必要があります。外観からのチェックはタイヤに関する問題やウインカーやヘッドライトなどをしっかり確認する必要があります。タイヤは溝の深さやひび割れや空気圧など、チェックする項目は多くなります。運転席での確認はブレーキペダルの状態はどうかや、パーキングブレーキの状態などを確認します。エンジンのかかり具合も重要な点検要素です。ワイパーなどの調子もしっかり確認しておくといいです。また実際にゆっくり走って見て加速や制動力に関してチェックしましょう。こういった点検は大変なように感じますが、実際はそんなにかかりません。走る前に必ず確認して少しでも異常があるようだったら修理や新しいものに交換することが大事になってきます。また運転においても慣れている道は 注意力が低下している場合があります。一時停止などルールを守ることが大事です。student02_l

最近の投稿