エアクリーナーの働き

エアクリーナーは車が走るために必要なエンジン内での燃焼のための酸素を取り入れています。エンジンはガソリンや軽油に酸素を混ぜて圧縮して使います。酸素は空気の中にありますから、空気からゴミを取り出すフィルターがないとゴミまで燃やすことになり、燃焼効率に問題が生じます。また、雨の日など水がそのまま入ってしまっても燃焼効率が悪くなります。クリーナーはさまざまな悪条件からエンジンを守っている役割を持ちます。車によってクリーナーの中にあるフィルタが異なる場合があります。それは、燃焼効率のよい車ほどフィルタの目を細かくしていることが多いです。そのため、社外品のクリーナーに変えるだけでエンジンの出力が上がったり、スムーズな運転ができる場合も多いようです。そのため、クリーナーについては定期的な交換が推奨されています。ただし、一般的には交換されることはほぼないようです。中古で車を購入する際はクリーナーの交換時期等も確認するとよいです。交換してある場合は整備手帳に書かれていることが多いようです。クリーナーの中には専用の薬剤が用意されており、定期的に塗ることで集塵性を増す製品もありますので説明書を確認しておくと効率的に使えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿